テクスター

塗装溶融亜鉛合金めっき鋼板

用途例

用途例

[高意匠性]3種の質感が高品位な外観を実現

テクスターは、意匠ニーズが高い機器・内装用途を対象に開発した塗装鋼板で、家電製品、家庭用器物、事務機器、仕切りパネルなどに幅広く利用されています。エナメル、メタリック、レザーマット調と質感の異なる外観をご用意しています。色調等は個別にご相談ください。

エナメル

ホワイト
ワインレッド
クリーム
 
 

メタリック

シルバーメタリック
 
 
   

レザーマット

グレー
     

製品情報ページをご覧の皆様へ モニタ画面上での製品画像の発色は、実際の色と異なる場合があります。詳しくは、各製品サンプル帳などでご確認ください。

[高加工性]硬い塗膜が加工時の汚れやキズを防護

テクスターは、鋼板を加工した後に塗装する「ポストコート」に対し、鋼板をコイル状のまま塗装した「プレコート」鋼板です。塗装後の加工を前提としているため、汚れやキズにも強い塗膜硬度を持ちながらも、高い加工性を有しています。

加工性と塗膜硬度

プレコート鋼板の塗料は、一般的に塗膜硬度(耐汚染性)と加工性(塗膜の伸び)は相反する関係にあります。テクスターは、この2つの特性をより高度にバランスしたプレコート鋼板です。

[優れた外観品質]高度なクリーンネス製造

テクスターは、日鉄日新製鋼建材(株)のNo.3連続塗装設備(コータールームクリーン度クラス1万※)において、塗装鋼板づくりの最適環境で製造されます。
※1ft3当たりに含まれる0.5µm以上の粒子が1万以下であることを示しています。通常のオフィス環境では、100万個程度と言われています。

No.3連続塗装設備

[優れた外観品質]高度なクリーンネス製造
コータールーム
コータールーム

仕様
全長: 183m
速度: 最高100mpm
板厚: 0.27〜1.60mm
板幅: 610〜1,250mm

[多様性]用途・品質・特性に応じた品種を用意

さまざまな用途、要求品質に応じた加工性とその他の特性とのバランスによってお選びいただける種類を揃えています。また、新たな品質設計にも、弊社の研究、技術陣が協力し、ご要望にお応えします。

種類と基本特性

評価点 優 ← ◎ ○ △ × → 劣

種類

項目

汎用(1種)
ポリエステル樹脂系
加工用(2種)
ポリエステル樹脂系
高加工用(3種)
高分子ポリエステル樹脂系
評価方法
加工性 8T ノークラック 6T ノークラック 0~2T ノークラック JIS G3312、20℃、180°折り曲げ試験後のクラックの状態
塗膜硬度(キズ付き) H~2H H F~H JIS G3312
鉛筆硬度試験
耐汚染性 マジック(赤)塗布後、アルコール拭き取り、汚染の程度
塗膜密着性 JIS G3312
ゴバン目試験後のテープ剥離
耐食性 JIS Z2371、塩水噴霧試験240hr後のフクレの状態
耐薬品性 3%HCl、3%NaOH、24hr浸透後のフクレ、変色の状態
耐熱性 ヒートサイクル60℃×1hr-20℃×1hr
5サイクル後のフクレ、変色の状態
耐候性 JIS K5400 サンシャインウェザーメーター試験200hr後の変色の状態
用途例 洗濯機、レンジフード、間仕切りパネル 等 調理熱器具 等 電子レンジ、オーディオ機器外板 等  

備考
本表は、テクスターの基本特性の一例であり、原板の種類などにより多少異なる場合があります。

[環境性]環境に優しいクロムフリー製品

テクスターは、日新の独自技術により開発したクロムフリー化成処理、塗料を使用し、VOC(揮発性有機化合物)を排出しない製造ラインで製造されています。もちろん、リサイクル性にも優れています。

[環境性]環境に優しいクロムフリー製品

標準仕様に加え、食品衛生法仕様、特殊機能仕様(対食品汚染性、非粘着性)、保護フィルム付き仕様については、別途、ご相談に応じます。
メタリック外観含め、色調については、別途、ご相談に応じます。

[経済性]プレコートで合理化・コストダウンに貢献

従来のポストコートに代わりプレコート鋼板のテクスターをご採用になりますと、そのまま成形加工してご使用いただくことができ、工程の合理化、工場の省スペース、職場環境の改善など、多くのメリットが期待できます。特に、複雑な形状の加工品に塗装するより生産性が高く、トータルコストの削減に貢献します。

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームより受け付けております。